【Rizin Trigger 1st ライブ】昇侍 vs. 萩原京平 生放送 2021年11月28日

【Rizin Trigger 1st ライブ】昇侍 vs. 萩原京平 生放送 2021年11月28日#ライブ配信】RIZINトリガー1位 昇侍 vs. 萩原京平 生放送 2021年11月28日ーとなり現在はDRAGON GATEで活躍する。格闘技イベントの巌流島ではレスリングと空手の経験を生かしトーナメント優勝の実績を持ち、10月の『RIZIN LANDMARK Vol.1』で鈴木博昭に初回TKO負け。今回、MMA2戦目のトップグラップラーとの再起戦に挑む。

 

生中継🔴📺📲👉 RIZINトリガー1位ライブ

生中継🔴📺📲👉 RIZINトリガー1位ライブ

 

奥田は現在の心境について「早く遊びたい。派手にドカンとやりたい。今回サクッと勝ってド派手に遊びたいです」と試合が終わった後、神戸の夜を満喫したいと余裕の笑み。

対戦相手のボグダノフについて「アイツ、柔術家でしょ。オレが歌舞伎町で飲んだ後の“奥田柔術”を教えてやろうかな」と臆する様子は全くない。

理想の試合展開については「1分23秒ムーンサルトプレスで3カウント入るんじゃない。ケージの上から俺が降ってきて、ワン、ツー、スリーでカウント入るから」と、MMAルールではなくプロレスルールでの決め技で勝利を決める様だ。

その奥田と対戦するボグダノフは、父親が米国人で母親が日本人。柔道、レスリング、ブラジリアン柔術を修練し、英語教師として来日した。

19年全日本柔術選手権やZST-GTF.4トーナメント準優勝、全日本ノーギ選手権ミドル級優勝などの実績を持ち、今年6月にDEEPでMMAデビューし、初回一本勝ちを収めた。

柔術黒帯のボグダノフは現在の心境・コンディションについて「減量も練習もバッチリで、あとは当日で一本をとるだけ」と万全の調子をアピール。

対戦相手の奥田に対しては「奥田選手は戦績悪いですけれども、強い人ばっかりとやっているので、彼は実力のある強い選手だと思うし、すごい良い勝負になると思います。彼はプロレスリングとエンターテイナーの経験が多くて、そのPRのところはすべて彼にお任せ。最後の一本だけは僕の仕事。日曜日にやります」と、奥田選手に戦前を盛り上げてもらって、最後は自分が一本を極めると意気込んだ。

自信に満ち溢れるボグダノフ。グラップリングの実力は当然のことだが、打撃にもその自信を見せる。「打撃の練習はめちゃくちゃやっています。ムエタイ、ボクシング、キックボクシング、ガチスパー、ライトスパー、マススパー、すべてやっています。DEEPの王者だったり、パンクラスのランカー達だったりを呼んで練習させていただいています」と、練習仲間に同じ大会に出場する住村竜市朗、パンクラスのライト級1位の金田一孝介、ONE championship参戦の吉野光らの名前を挙げた。

プロレスラーvs柔術家、果たして勝利を手にするのはどちらか。

11.20『RIZIN沖縄大会』がYouTubeで早くも全試合配信、再生数はボビーvs北村がトップ、2位はRENAvs山本美憂、3位に皇治vs祖根

『テレビ・配信』11.28神戸「RIZIN TRIGGER 1st」TV放送・ネット配信・生中継情報

【RIZIN】”怪物くん”鈴木博昭がプロレスラー奥田啓介に初回KO勝利、ヒザ蹴りからパウンド連打

【RIZIN】萩原京平、ケージ戦で昇侍に圧勝宣言「バッチバチの一番盛り上がる試合をする」グラウンド戦も示唆

 

早速メインカードが決定した、11月28日(日)開催 RIZIN TRIGGER 1st のファンクラブ先行は本日12時からスタートするぞ! 11月28日(日)神戸ワールド記念ホールに開催が予定されているRIZIN TRIGGER 1stの対戦カードが発表された! 【Rizin Trigger 1st ライブ】昇侍 vs. 萩原京平 生放送

11月28日(日)兵庫・神戸ワールド記念ホールにて開催される『RIZIN TRIGGER 1st TRIGGER 1st』へ向けて、昨日27日前日計量が行われた。

 RIZIN TRIGGER 1st キックボクシングルール 女子46.0kg契約に挑む前NJKFミネルヴァ・アトム級王者の百花(28=魁塾)は45.70kg、対する未來(27=Blaze)は45.85kgでパス。百花はパスしてマッスルポーズ、未來は可愛く両手でVサインポーズを決めた。

百花は今年9月の『RIZIN TRIGGER 1st.30』でぱんちゃん璃奈と対戦。今回が2度目のRIZIN TRIGGER 1st参戦だ。プロデビュー11年でケージは初めての経験。一昨日のインタビューでケージでの作戦について「やってみないと分からないので、あまり何も考えないようにしたい」と語り、対する未來については「こないだのぱんちゃん選手に比べたら低いと思うんですけど、身長が高くて蹴りが上手な選手。私の持ち味のローキックとパンチが入れば倒せるんじゃないかなと思う」とKOを視野に入れる。

 一方、未來はNJKFのリングでまだ5戦の新鋭だ。的確なミドルキックやシャープなパンチを武器に3勝2敗の戦績。百花の相手に抜擢され、RIZIN TRIGGER 1stもケージも初めてだ。未來は「見ている人が面白いと思っていただけるような試合を見てもらいたいですね。あと女子ならではの華やかさを。相手もパンチで来ると思うので、そこを引かず私も打ち合いたいと思います」と語った。昨夜アップされた自身のSNSでは「計量パスしましたー!! リカバリーもおっけー もう緊張通り越して 笑えてきましたwww 明日は全力で楽しむ」と初の大舞台へ意気込んだ。

 メインの第14試合では地元出身、10月2日の『RIZIN TRIGGER 1st LANDMARK vol.1』で朝倉未来に敗れた萩原京平(SMOKER GYM)が再起戦で昇侍(KIBAマーシャルアーツクラブ)と対戦。セミファイナルの第13試合では、堀江圭功(ALLIANCE)と中田大貴(和術慧舟會HEARTS)が対戦する。

11月28日(日)兵庫・神戸ワールド記念ホールにて開催される『RIZIN TRIGGER 1st TRIGGER 1st』の前日計量が、27日(土)神戸市内にて行われた。

メインイベント(第14試合)に出場する、昇侍(KIBAマーシャルアーツクラブ)は65.80kgで、萩原京平(SMOKER GYM)は65.95kgで計量パス。

 セミファイナル(第13試合)に出場する堀江圭功(ALLIANCE)は68.00kgジャスト、中田大貴(和術慧舟會HEARTS)は67.40kgで、それぞれ計量パスした。

 その他、第12試合に出場するストラッサー起一(総合格闘技道場コブラ会)と川中孝浩(BRAVE)など、全選手が無事に計量をパスし、明日のゴングを待つのみとなった

Recent responses